日本では、国政選挙と並行して最高裁判所の裁判官を罷免するかどうかの審査

 

も有権者の信任投票という形で行われます。

 

この審査の手続きは日本国憲法に定められており、最高裁判所の裁判官は、

 

任命された後に初めて行われる衆議院選で最初の審査を受け、その後は最後に

 

審査を受けてから10年を超えた後に行われる衆議院選で再び審査を受けること

 

となっています。参議院選と同時にこの審査が行われることはありません。

 
日本の新聞社や放送局が、日頃の報道において最高裁判所の裁判官について

 

取り扱うことは稀にありますが、国政選挙が行われる時期になると選挙報道に人

 

的・時間的なリソースを集中させるので、最高裁判所の裁判官に関する報道はさ

 

らに稀なものになります。そのため、審査対象となる裁判官の情報は、自発的に

 

時間をかけて調べる場合を除いて極めて少ないのが現状です。

 

また、そもそも日本の有権者は司法全体について関心がそれほど大きくありませ

 

ん。このような理由から、衆議院選と同時に行われる最高裁判所の裁判官に関す

 

る審査は、有権者の注目を集めることがあまり無いものとなっています。

 

このため、最高裁判所の裁判官に関する審査のタイミングや方法については、現

 

在も多数の意見が出て検討が行われています。