現在、日本で実施されている国民による審査は、最高裁判所裁判官についての

 

審査だけとなっています。

 
この審査は最高裁判所裁判官を信任するかどうかを国民投票によって判断する

 

ものです。

 
最高裁判所裁判官が内閣に指名されて選任され、その次に行われる衆議院議員

 

総選挙と同日に初めての審査が行われ、その後も10年を経過するごとに衆議院

 

議員総選挙と共に審査が行われる仕組みとなっています。

 
審査に際しては、国民に対して裁判官の経歴や担当してきた裁判について簡単

 

に記載された「審査公報」が配布されることになっており、国民は審査の対象とな

 

る裁判官が信任に値する人物かどうかを判断できるようになっています。

 
しかし日本ではもともと司法に対する関心度が低いため、この審査に対してもほと

 

んど関心を持たれていないの現状です。

 
審査が衆議院議員総選挙と同日に行われるため、メディアで取り上げられることが

 

ほとんどないことや、衆議院議員総選挙そのものを棄権する人が多いということ

 

も、この審査の関心度が低いことの原因の一つと考えられています。

 
この問題については専門家や有識者からも度々指摘されており、この審査は国

 

民の意向が反映されているとはいえない、という意見も出ています。