裁判官は、法と憲法にしたがって公正な裁判をしなければならないという大変重

 

い責任を負っています。

 
日本国憲法では、司法権の独立と保護の為、裁判官の身分は手厚く保障されて

 

いて簡単に罷免することはできません。

 

 

しかし、その裁判官が罪を犯したりふさわしくない行為をした場合、その責任が問

 

う事ができる「弾劾制度」があります。

 
この弾劾とは、罪や不正を暴くというより罷免する手続きです。

 

 

罷免する手続きを行うには、訴追委員会に訴えなければいけません。

 
そこで必要な調査や審議を行った上で、裁判官を訴えます。

 
訴えられた裁判官を辞めさせるかどうかを判断するには、裁判で判断する必要が

 

あります。

 

 

では、どのような人が裁判官の弾劾できるのかというと、裁判員として国会議員が

 

選ばれます。
というのも、裁判官を辞めさせるかどうかを判断する裁判所は同じ司法裁判所で

 

は公正な判断をする為にも、国会に設けるものとしています。

 
その為、場所は国会の参議院第二別館にあり、たとえ国会閉会中でも行えます。

 
選ばれる裁判員の内訳は、衆議院議員7名、参議院議員7名の計14名です。

 
罷免された裁判官は弁護士となる資格も失いますが、資格を回復させるかどうか

 

判断する場所でもあります。